朝7時に出て新幹線で試験場へ向かいました。さっそく自己採点を載せます。


  •  4⃣(2)(ⅱ)の計算に躓いて飛ばし、最後まで解き終わった時点で時間は50分程余っており余裕がありました(残り時間で答えや計算の転記と見直し)。詰まらない計算ミスで失点したのが悔しいです。

  • 1⃣小問集合 40/40

  •  諸分野の基礎的な知識を問う問題で、ミスもなく解けました。

  • 2⃣三角関数 40/40

  •  センター試験で出題されてもおかしくない問題でした。ミスなく解けました。

  • 3⃣確率 40/40

  •  赤玉を出した場合に袋の中の状態がリセットされるという点に着目できたので迷わず解けました。

  • 4⃣平面ベクトル 28~/40

  •  最後の問題の計算が合わずに飛ばしました。戻って解き直しても計算が合わずに試験終了になりました。見直しした結果、詰まらない計算ミスでした。

  • 4⃣(3)(ⅱ)

    実数x, yを用いて \(\overrightarrow{OC} = x\vec{a} + y\vec{b}\) とおく

    \(|\overrightarrow{OC}| = 1\) より

    $4x^2 + 6xy + 6y^2 = 1\qquad\text{(1)}$

    \(|\overrightarrow{CQ}| = |\overrightarrow{OQ}|\) より

    \(|\overrightarrow{OC}|^2 - 2\overrightarrow{OC}・\overrightarrow{OQ} + |\overrightarrow{OQ}|^2 = |\overrightarrow{OQ}|^2\qquad\)\(\text{ここで計算ミス}\)

    \(x = \frac{1}{2} - 3y\qquad\text{(2)}\)

    (2)を(1)に代入して \(\therefore(x,y) = (\frac{1}{2},0)~(-1,\frac{1}{2})\)

    \[\therefore\overrightarrow{OC} = \frac{1}{2}\vec{a}~,~-\frac{5}{8}\vec{a} + \frac{3}{8}\vec{b}\]


    再現しようとしたら正しい答えが出たので再現できませんでした。

    問題用紙には\(-50y -30x = 13\)というメモが残っていました。

    こんな滅茶苦茶な数値、どうりでxとyの値が出なかったわけです。



  • 5⃣数列の極限 40/40

  •  "最終的には"ミスなく解けました(ミスに気付いて修正できました)。例年と比べて簡単な問題でした。

  • 6⃣複素数平面 -/-

  •  時間に余裕がありましたが、得点としては満足できるものではありませんでした。課題は単語力と英作文です。

  • 1⃣Listening Comprehension -/-

  • 2⃣中文空所補充問題 15/15

  •  例年と比べて簡単だったと思います。

  • 3⃣文法・語法 18/20

  • 問7

    7. (  ) is a copy of my resume, which includes my academic and work background with my qualifications for the position.

    (ア) Attached (イ) Attaching (ウ) To attach (エ) Attach

    文法以前に「attach」の意味が不明瞭でした。漠然と「くっつく」というイメージで覚えていました。



  • 4⃣長文総合問題 45~48/60

  • 問1

     「宇宙開発競争」を「宇宙飛行の歴史」と書いた。raceの訳出での減点(-2)。



  • 問4

    (ウ)Likewiseを誤答。正しくは(イ)Instead。

    もはや重力を感じない状態となる。(重力を感じる)その代わりに浮遊する。

    とするべきを

    もはや重力を感じない状態となる。すなはち浮遊するのである。

    このように考えて(ウ)を選択しましたが、「同様に」をここに入れても成立しませんね。

    雰囲気で選ぶのをいい加減辞めなければいけません。



  • 問9

    (ウ)landsを誤答。正しくは(ア)bodies。

    文法・語法でも使用されていた「attach」ですが、私はこの単語の意味をイマイチ覚えていませんでした。「くっつく」というイメージを持っています。スペルが似ている「attain」すなはち「達成する」とも若干混合されています。

    問題文の空所に続く関係詞節にある「attached to」の目的語を考えれば解けた問題です。私は「くっつく」というイメージから「着地、到着」と結び付けて(ウ)を選択してしまいました。正しい訳を知っていれば確実に取れた問題でした。



  • 5⃣長文総合問題 38~48/60

  • 問1

    「largely」を「殆ど」と訳した。解答では「大部分」と訳されている。際どい気がする。

    「reverse」を「回復させる」と訳した。解答では「好転させる」と訳されている。これは許容範囲内だと思う。

    「have been disappointing」を「期待外れに終わっている」と訳した。解答では「期待外れに終わってきた」と訳されている。これは減点対象になり得る。



  • 問3

    答案:これが教育の改善による脳機能への効果とするのか、それともより教養のある人がより裕福な家柄の出である傾向がある為に、そのことによってアルツハイマー病の別の原因が減少しているという事象のどちらであるのかを決めるのは難しい。

    模範解答:これは教育が脳の機能を向上させた結果なのか、教育をより長く受けた人々はより裕福な育ちであることが多く、そのためアルツハイマー病を引き起こす他のリスク要因が少ないというのが実のところなのかを判定するのは難しい。

    マーカーを引いた部分は確実に減点対象になる。



  • 問6

    答案:脳の代替の神経回路を採用したり、通常使われていない脳の神経回路構造を使い能力。(39字)

    模範解答:脳の損傷を負った部分の代わりに普段は使われていない別の部分を用いる能力。(36字)

    言い換えの部分も二重に訳して字数を埋めた答案に対して、模範解答ではまとめる際に情報を補充している。もしかしたら減点される。



  • 6⃣英作文 8~42/45

  • A-3

    3.タコはあらゆる海洋生物の中でもっとも知能の高いものの1つと言われている。

    Octopuses are ( among / intelligent / of / said / the most / to be ) all marine organisms.

    解答:said to be among the most intelligent of

    で「最も・・・の中の1つ」の表現を知らなかった。



  •  後に続く設問でも使う数値を出す問題を落としたことで雪崩失点が多発しました。ケアレスミスによる総失点は20点(1⃣問7は含まない)というふざけた数値です。時間も10分も余らなかったので普段から計算スピードを意識して解くことを課題にします。

  • 1⃣仕事とエネルギー 20/34

  • 問4

    分母と分子が逆になっている。痛恨のミス。



  • 問6

    問4の値を使い雪崩失点。



  • 問7

    小物体とおもりの速さの関係を無視。

    どのみち問4の値を使い雪崩失点。



  • 問8

    問4の値を使い雪崩失点。解き方は合っていた。



  • 2⃣波の振動 25/33

  •  問1の(1)を知識不足で失点。

  • 問5

    \(k < \frac{4}{9}\)とだけ答えた。

    解答にある考え方が思い浮かばなかった。



  • 3⃣力のモーメントのつり合い 22/33

  • 問4(3)

    ちょうつがいCまわりの力のモーメントのつり合いより

    \(\frac{mg}{\sqrt{2}} \times 2l\ = \frac{k(\sqrt{2}-1)}{\sqrt{2}} \times l + \frac{mg}{\sqrt{2}} \times l\)

    ここまでは立式はできたが、\(k = \)の形に変形する時に\(\sqrt{2}\)をかけ忘れた。



  • 問5

    ちょうつがいCまわりの力のモーメントのつり合いより

    \(\frac{\sqrt{3}(1+\frac{\alpha}{2})mg}{2} \times 2l = \frac{\sqrt{3}mg}{2} \times l + \frac{k(\sqrt{3}-1)l}{2} \times l\)

    ここまでは立式したが、問4(3)で出したkの値を使って雪崩失点。



  • 問6

    ちょうつがいCまわりの力のモーメントのつり合いより

    \(\frac{\sqrt{3}(1+\alpha)mg}{2} \times 2l = \frac{\sqrt{3}mg}{2} \times l + \frac{k(\sqrt{3}-1)l}{2} \times l + \frac{\mu(1+\alpha)mg}{2} \times 2l\)

    ここまでは立式したが、問4(3)で出したkの値を使って雪崩失点。



  •  物理同様ミス多発し、総失点17。ミスが全てなかったとしても満足の行く結果ではなく大反省です。新演習での問題演習だけでは知識が不足しがちなので並行してセンター試験の過去問を解こうか考えています。

  • 1⃣化学結合, 結晶 22/25

  • 問6

    知識不足と問題の主旨の誤解。



  • 2⃣酸・塩基, 中和滴定 14/25

  • 問6

    知識不足



  • 問7

    問題文の理解不足。



  • 問8

    確実に取れた問題。最後に回したが、焦って解いたためか有り得ない計算ミス。



  • 問9

    計算の途中で試験終了。時間が間に合わなかった。どのみち問8で出した間違った値を使って雪崩失点。



  • 3⃣電池, 電気分解 18/25

  • 問2(2)

    「黒柳徹子にある(Cr Fe Co Ni Al)は不導体」と語呂で覚えていたはずだが、鉄を選んだ記憶がない。



  • 問7D

    銅が析出するという阿呆解答をしたような気もするし、2H+ + 2e- = \(H_2\)と書いた気もする。どちらにしても失点。



  • 問8

    発生した酸素の物質量を答えて失点。この手の問題で聞かれている事柄を取り違えることは絶対になくしたい。



  • 4⃣溶液(コロイド, 溶解度) 15/25

  • 問1(2)

    知識不足。(1)の凝析も少し迷った。コロイドは苦手なので要対策。



  • 問2(1)

    割り算で計算ミス。



  • 問2(3)

    割り算で計算ミス。



  • 問3(3)

    (1)と同じ要領で解けるはずなのに変な計算をして詰まって終わっていた。




 全体としてミスが目立ち、満足の行く結果ではありませんでした。しっかり見直しをして、勉強を続けます。

にほんブログ村東大受験生ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿